手のひらサイズのフードプロセッサー

by car
Categories: 雑記・日誌
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

某ネットショップで、レコルトのカプセルカッターというものを買いました。
レコルトとは、フランス語で収めるとか収納するとかいう意味だそうで、このカプセルカッターも、大人の手の平より、
少し大きいくらいのフードプロセッサーでした。

細かくしたい材料を透明容器にいれ、カッターを装着し、蓋をします。
その蓋がスイッチになっていて、手の平で押すとモーターが周り、素材の下ごしらえをしてくれるというわけです。
私は、もうすぐ出産予定があり、いろいろ育児に必要なグッズや家電を探して、少しずつ揃えているところなのですが、
子どもが離乳食を始めたらこういうものを作ってあげたいな、とレシピをみていたら、
やはりフードプロセッサーは離乳食には大変便利だということを知って、手頃な価格であまり大きくないものを探していました。
そして、キッチン家電をネットで探してレコルトのカプセルカッターを見つけました。小さいので、容量はあまり入らないため、大家族分のハンバーグの肉をこねたり
たくさんの餃子の具を混ぜたりすることはできないのですが、パワーはあります。

氷もガリガリとクラッシュできるほどで、3人分ほどであれば、大根おろしやタマネギのみじん切りも、
ものの数秒で簡単にできてしまいます。あっという間です。
子どもが産まれて、離乳食が始まったら、まずお粥から始めることになるのですが、
お粥の裏ごし期は持っているし、裏ごし期のためだけの家電はいらないかな?と思いまして、今回初めてフードプロセッサーなるものを買ってみたのですが、
レコルトのこの商品は、とにかく小さくデザインもシンプルで、洗うのも簡単なので、出産前から早速、毎日使ってしまっています。
先日は、少量のレアチーズケーキを作ろうと思って、材料を入れ、こねてみました。生地が滑らかになり、あまり手を加えなくてもよいものができました。
あとは、長芋を入れてすり潰し状態にして、お好み焼きに混ぜました。普段なら、長芋など痒くなってしまい、触るのを躊躇してしまうものですが、
なんなく調理することができます。
主婦として、本当に買って良かったと思う、最近一番よかった家電です。
レコルトは他の商品も可愛いデザインでいろいろ欲しくなってしまいました。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日