日本語教育における「ひらがな」「カタカナ」学習の初期に教えること

by car
Categories: 雑記・日誌
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

日本語教育の初歩として、ひらがな、カタカナ学習について考察したいと思います。

私が調べてみた所によると、どうもゼロからの学習者にたいしての、
ひらがなを教える時間数が少ない傾向にあるようです。
例えば韓国では多くの学院でひらがなは二日で覚えさせてしまうといいます。
それで本当に身に付くのかどうか疑問が残る所でもありますが、それ以上時間をかけても同じ事の反復になってしまい、
あまり時間はかけられないということのようです。

一方で、カタカナの方はいつまでたっても覚えられない人が多いという事実もあります。
このことはつまり、ひらがなも実際には短い時間でしっかりと覚えたわけではなく、
強引に教科書を先に進めていくうちに、自然と反復されることを通して覚えていくということだと分析できます。
そうなると、カタカナは教科書の中では外来語などとしてでてくるだけで、
ひらがなと比べると出現回数がたいへん少ないため、なかなか覚えられないのです。

別にひらがなを自然に覚えられるなら、それでいいではないかという意見もあるかもしれません。
しかしこのような方法では、ひらがなの読み方や書き方について、
特別な指導が必要な部分が抜け落ちてしまうという側面があると思います。
特にのちの発音を矯正しなければならないような場合、その発音の間違いがかなの読みにあるのだとしたら、
かなについての不完全な知識がその間違いを再生産してしまうので、教えるのは二度手間になってしまいます。

文字の学習がほかの学習要素に先立たなければならないとは言い切れませんが、
ほとんどの学習者は文字を手がかりにして独習したり、予習・復習したりしているのですから、
文字と発音に関する正しい知識を、なるべく早く学習者に伝えるのは非常に大事だと考えます。
それをしなければ、自ら修正していくことも難しいからです。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日