免許を取って間もない頃の雪の日の運転

ある年、交通機関が麻痺して近所のバスがしばらく運転を休止する程の大雪が降り、仕事で出掛けなければならない家族を駅まで送るために車を出すことになったのです。
当時まだ免許を取って一ヶ月と少しという完全なる初心者だったのですがスタッドレスタイヤを履いたメインの車、カーセキュリティ完備のベンツ車は別の家族が仕事で使うため、ノーマルタイヤのサブカーはチェーンのみで挑むこととなりました。チェーンを巻く作業はあまり手こずらずにすみ、すぐに出発する準備を整えました。
運転自体に慣れていないこともあり非常に緊張したのを覚えています。もしタイヤが滑っても慌てずアクセルオフすると良いということは事前に聞いていたのでそれを常に念頭に置きながら運転に集中しました。幸い他の車も非常に慎重でゆっくり走っていたのでその点に関しては有難かったものです。
特に滑ることも雪にはまることもなく駅まで到着し、大きなトラブルもなく帰宅することが出来ました。もしかすると運転に慣れていなかったために慢心することなく運転できたのかもしれないなと思い、今後も気をつけようと心に誓った出来事でした。

カテゴリー: 未分類