Home > 車の傷直しの基本 > キズ直しの流れ(研磨・パテ・塗装)

キズ直しの流れ(研磨・パテ・塗装)

ちょっとした擦り傷であれば前項のように、タッチアップペイントとコンパウンドを使用すればほとんど目立たなくなるまで補修することが出来ます。しかし車の傷は小さな擦り傷や、かすれたような傷ばかりではありません。運転しているときや駐車しようとしているときに、ついうっかりどこかの壁にぶつけてしまったりしたことはありませんか? あ!と思ってボディを見ると、ぶつけたところに大きなへこみが……。なんていう経験をお持ちの方も多いと思います。車って、ちょっとぶつけただけでも意外と大きなへこみができてしまいますよね。

これを直すにはボディの裏側から叩いてへこみを直す業者さんにお願いするしかない、と思いがちですが、実はこちらも自分で補修することが出来るのです。ではその方法をご紹介しましょう。

まず汚れたボディを水洗いします。車のボディはへこむと、塗装に異常がないようでも細かくひび割れしていることがあるため、中に水が入り込んでサビてしまうことがあります。これを防止するためにも、目が粗い耐水サンドペーパーでへこみ周辺の塗装を丁寧にはがしましょう。塗装をはがし終えたら少し目の細かいサンドペーパーで傷周囲との段差をなくすように、滑らかに磨きます。

次にシリコンオフスプレーで、へこみ周辺をきれいに脱脂します。作業面に油分が残っていると、塗料がはげてくる原因になります塗料を塗るときやパテで作業をする前には必ず脱脂してください。

次にパテ塗りです。へこみの中心は厚く、外側は薄くなるように塗っていきます。パテは硬くなるスピードが速いため、作業は手早く行いましょう。塗り終わったらサンドペーパーで、ボディ本来の凹凸や形状にあわせ、滑らかになるように研磨します。研磨が終わったらまたシリコンスプレーで脱脂です。その後、厚付けパテで前に塗ったパテの小さな気泡を隠すように補修します。塗れたらまた滑らかに研磨し、コンパウンドで広めに磨いた後に脱脂しましょう。

次は塗装です。ボディの色に近い下地の塗料を選びます。補修箇所の周辺をマスキングし、数回に分けて補修部分が完全に隠れるまでスプレーします。乾いたら目の細かいサンドペーパーで、塗料ともともとのボディの塗料との境目が滑らかになるまで研磨します。サンドペーパーの研磨が終わったらコンパウンドで磨き、またシリコンスプレーで脱脂します。手間がかかるようですが、この一手間が仕上がりをきれいにするコツですよ

さて最後にボディの塗装です。広範囲にボカシ剤をスプレーし、それが乾かないうちに塗料を重ねてスプレーします。スプレーが終わったら再度ボカシ剤をスプレーし、一週間ほど完全に乾かしましょう。乾いたらコンパウンドで磨き、ぴかぴかに仕上げます。これで近くで見てもわからないほどにきれいに補修できるんです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

記事をお読み頂きありがとうございます
この記事を有用と思って頂けたのなら、是非ソーシャルメディアにてご紹介ください。

同じカテゴリー記事

ページのトップに戻る