内窓施工と暮らし易さ

by car
Categories: 生活・住まい
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

住宅に興味を持っていても、住宅の内部をどういうデザインにしようとまで
詳細にこだわって住宅を建てようと言う人は、余り居ないと思います。
拘りが多少ある事はあるでしょうが。全てにこだわってとはならない様にも思います。
しかし断熱など住みやすさは大切に思います。床暖房などあると便利な機能が今は色々と増えています。
今回はそんな住みやすさの部分に関して書いていこうと思います。

やはり断熱と言うと窓になります。結局外気を断熱しているのは窓です。
窓から外気が入り寒かったり、暑かったりする訳です。
特に寒さは凌ぐのが大変な様に思います。
床暖房も良いですが、先ずは外の風や空気をシャットアウトしなければなりません。

そこで二重窓がよく使われています。
当たり前の手法の様にも思います。内窓施工です。
内側に窓を付ける事で二重にし、そこから外気をシャットアウトします。これで立派な断熱になります。

最近はデザインもたくさんあり、お洒落になっていて
インテリアに馴染む様に色々な工夫が凝らされています。
そしてこの内窓は住宅大手も取り扱っており、競争も激化しています。
種類も多彩になり、用途も多く各社しのぎを削っているようです。
自分で実際に経験した事はありませんが、きっと二重にするだけで相当暖かいようには感じます。
内装の値段や価格については、下記を参考にしてください。

価格参考:さくら住建

しかし窓を二重にする事は断熱の基礎であり、言わば当たり前の手段です。
そこから改善改良もされています。今は何でもエコブーム。車も経済も全てがエコです。
内窓にもエコ内窓なるものがたくさん出ている様です。

寒い時には、暖房をたくさん使わずに済み、暑い時にはエアコンを入れないで済む、
そんなつくりになっています。
外の空気を極力遮断する事で中の冷機を維持し、冷やす事も可能にしています。
進化が目覚しい二重窓。

今回この記事を書いてみて二重窓にして見たくなりました。
お洒落なデザインなら考えても良いなと本気で思ったくらいです。
是非皆さんも検討して見て下さい。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日