ザッケローニ監督が、イタリアで最も輝いた時期

by car
Categories: サッカーネタ
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

現在サッカー日本代表の監督を勤めているザッケローニ監督は、出身国であるイタリアでも評価の高い監督で知られています。特にウディネーゼ、ミラン監督時代の1995年から1998年にかけてが最も輝いた時期と言えるでしょう。

1995年、ウディネーゼの監督に就任したザッケローニ監督は当時まだ指導者として無名でしたが攻撃的なサッカーでイタリアサッカーに革命を巻き起こし、ヘルベク、ビアホフ、アモローゾらを擁した1996-1997シーズンには強豪ひしめくイタリアのセリエAで3位と言う当時チーム最高記録を更新しました。

その実績が買われ、翌年強豪ACミランの監督に就任、かつて世界最強と呼ばれたチームでしたが当時一人ミランは低迷期にあり、そのなかでの監督就任でした。

当時から主力であったボバンらを軸にウディネーゼからビアホフ、ヘルベクを連れて来てチームの改革を図ります。その改革が功を奏し、ミランは開幕から快走、最終的にはセリエAのスクデットを獲得、ザッケローニはイタリアの最優秀監督賞と言う名誉ある賞を受賞、当時最も輝いてた監督として脚光を浴びます。

現在は日本代表を指揮していますが、今年のワールドカップでもミランの様な一大旋風を巻き起こして欲しいです。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日