ガソリンスタンド

by car
Categories: 修理業者の種類
Comments: Comments Off
Published on: 2012年10月16日

車のメンテナンスをする際に、ガソリンスタンドが選択肢の上位に入る人も多いのではないでしょうか。最近のガソリンスタンドは施設内に整備工場を併設するところも多く、ちょっとした点検や修理などであればその場でぱっと終わらせることができます。ちょっとガソリンを入れにいったついでに、とメンテナンスを依頼しやすいのもメリットのひとつです。所属しているスタッフも、自動車整備士の国家資格を持っているためエンジンや足回りなどの点検も安心して任せることができます。部品やタイヤもメーカーと提携して販売することも多く、ガソリンスタンドに行けば車関係の大抵のトラブルは直してもらえます。自動車をまるごと点検したい、修理したいといった場合に気軽に持ち込みやすい、依頼しやすいという利点は大きいですね。

また整備工場を併設しているタイプのガソリンスタンドでは、修理や点検に関する工賃が明確に示されている場合が多いです。店内に貼り出されている工賃表を見たことはありませんか?修理する部位によっては部品代がまたかかりますが、品物の値段ではない「工賃」が明確になることで料金の面での不安が減少します。大手車検専門店との競争によって、その工賃自体もかなり低額に抑えられているところもありますし、修理や点検などを行うと給油の際に割引サービスが付くこともあり、給行きつけのお店を決めておくと便利ですね。

しかし反対に整備工場を持っていないガソリンスタンドの場合は、修理を依頼したあとの流れがカーディーラーと同様になります。提携している修理工場に車を搬送して、点検から整備、修理を行うためどうしても修理が終わるまでの時間もかかりますし中間マージンもかかります。傷やへこみの修理を依頼する場合も、仕上がりの好みやこだわりについてガソリンスタンドのスタッフから整備工場へと伝えられるため、その伝達内容が食い違っていたり細かな要望が伝わりにくかったりといったトラブルもあるようです。

ただ、あまり自動車についてこだわりがあまり強くない方や、難しいことは全部お店にお任せして車のメンテナンスをしたいという方には、給油から車検まで一括で依頼できる整備工場付きのガソリンスタンドが便利だと思います。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日