板金・塗装業者

by car
Categories: 修理業者の種類
Comments: Comments Off
Published on: 2012年10月16日

車の修理を思いついたとき、ぱっと頭に浮かぶのは町の修理屋さんだという方も多いでしょう。かく言う私もその一人で、ご近所の板金屋さんや自動車整備工場に持ち込んだことが数度あります。しかし単純に車の修理といっても、修理業者にも得意分野と不得意分野があります。

 自動車整備工場は自動車のエンジンや足回りなどの部分についての点検や修理を行う業者です。車検や定期点検ですね。自動車のこういった部分は定期的にメンテナンスをしなければ、公道を走らせることは出来ませんからドライバーの皆さんは今までに何度となくお世話になったことがあると思います。

では板金塗装業者はどうでしょう。板金塗装工場は主に車のボディの修理を行うところです。交通事故などで破損したボディの修復から、小さな引っ掻き傷など補修、車体の塗り替えなどの仕事を請け負っています。事故などの機会がない限り、あまりお世話になることもないため、どんな仕事をしていてどの程度修理費がかかるのかが良くわからないという方も多いのではないでしょうか。一般的に「塗装」にはお金がかかるから、と板金屋さんを敬遠する方も多いかもしれません。

実は板金塗装工場は、たいていの場合ディーラーや整備工場の委託を受け、塗装などの仕事を請け負っています。そのため一般のお客さんが直接車を持ち込むことが少ないようです。お店の雰囲気も独特で、職人がやってます!という雰囲気のお店もあれば、派手な塗装を請け負っている雰囲気のお店もあって、なかなか入りにくいという声もありますね。

しかしどの板金塗装業者も自動車修理サービス業であることは変りません。最近は丁寧で親切な接客をしているお店も多く、ボディについた小さな擦り傷からも補修を受け付けてくれるので、手先の器用さに自信がない人はぜひお店を利用してみてください。

その際、金額のことが気になりますよね。ドアの側面についた傷は直すのにドア一枚分のお金が取られるとか、バンパーについた傷を直すにはバンパー一枚分かかる、小さな傷でも塗りなおすとすごく高くつく、など、塗装に関する間違った情報が多くあるせいでしょう。もちろん交通事故などで車のボディに大きく傷がついた、へこんでしまったなどといった場合はそれなりの金額での修理となりますが、ちょっとした傷ならそれほどではありません。たとえば運転していて幅寄せを失敗してガードレールや塀にこすってしまったなどという場合です。この場合傷の大きさや深さによりますが、大体どこの板金塗装業者も1万円程度から(それも半日から一日で)修理を受けています。

お客さんと業者が直接やりとりできるので、仕上がりのイメージをしっかり伝えることも出来ますし、工場の様子しだいでは修理をその場で終えて即日納車ということも可能です。

小さな傷だから、と修理をあきらめてしまっている方はぜひお近くの板金塗装業者さんに相談してみてくださいね。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日