日産がトヨタに対抗して発売した新たなハイブリッドシステムとは

日産がトヨタのハイブリッドカーに対抗して販売を開始した、新型パワートレイン「e-POWER」について説明したいと思います。

日産が新たに投入した「e-POWER」はトヨタのハイブリッドカーと同様にエンジンとモーターを組み合わせて走るハイブリッドシステムですが、そのシステムは大きく異なっています。
トヨタのハイブリッドシステムはエンジンの動力を発電と車自体の動力にも使用する「パラレルハイブリッド」と呼ばれる方式を採用しているのに対して、日産のハイブリッドシステムはエンジンの動力を発電にしか使用せず、走行はモーターのみで行う「シリーズハイブリッド」と呼ばれる方式を使用しているのです。

このシステムの1番の特徴はエンジンを発電にしか利用しない点です。通常のエンジン車の場合だと速度の加減速などで、エンジンの回転数が常に変わり続けることから効率的な回転域でエンジンを回し続けることが難しかったのですが、動力と切り離されたことで外の状況と関係なくエンジンにとって最も効率的な回転数で発電させることが可能となっています。その為、エンジンを搭載した電気自動車と呼べる存在になっているのです。

現在のところe-POWERを搭載した車種はマイナーチェンジを行ったノート1車種となっていますが、新型モデルに次々と搭載されていくことが予想されることから今後が楽しみとなっています。

PR|プリウスのカーオーディオ取り付け専門店

カテゴリー: 未分類