悲運のカナリア ガリンシャ

by car
Categories: サッカーネタ
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

ブラジルのサッカー界に於いて、最も崇拝される存在として、神様の愛称をもつペレ、そして日本でもお馴染みの白いペレと謳われたジーコが、いますが、その二人に並び称されるもう一人の選手がガリンシャです。

生粋のドリブラーであるガリンシャの特徴は曲がった足にあります。これは幼少の頃に患った小児マヒの影響と言われていますが、その足こそが卓越したドリブル技術を持つゆえんそのものでした。
まだ若手の頃、当時ブラジルのディフェンダーの重鎮と… More

ユーゴが生んだ天才、ストイコビッチ

by car
Categories: サッカーネタ
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

近代の東ヨーロッパサッカー界に於いて、ルーマニアのハジと並び称される天才と言えばドラガン・ストイコビッチしかいないでしょう。
10代の頃にユーゴスラビアのクラブチームでデビューしたストイコビッチは18歳にしてヨーロッパ選手権にユーゴスラビア代表として出場、早くから将来を嘱望されていました。

ストイコビッチが世界に衝撃を与える事となったのは1990年のイタリアワールドカップ、共産主義だったユーゴスラビアは国内リーグで活躍する選手主体の代… More

ユーゴ分離独立後、初めての成功

by car
Categories: サッカーネタ
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

1990年代初頭に起こった内戦により、ユーゴスラビア連邦は、ユーゴスラビア、クロアチア、マケドニア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェコビナと5つの国に別れてしまい、YEFAからの制裁措置として、国際試合からも締め出されてしまいます。

ようやく制裁が解けた後も、国際試合から締め出されたブランクは消えず、試合では本領を発揮出来ない事が長く続きました。
ACミランで司令塔として活躍したボバン、レアル・マドリッドで活躍していたシュケル、ヤルニの二人… More

1 / 3123
Welcome , today is 水曜日, 2018年5月23日