カーフィルム

by car
Categories: カーフィルム
Comments: Comments Off
Published on: 2012年11月21日

皆さんご存知の通り、カーフィルムとは自動車のサイドや後部の窓ガラス部分に貼り付ける透明または少し色のついたフィルムのことです。

以前は日差しや外部からの視線をさえぎるために用いられるだけのフィルムでしたが、最近はそれだけでなくUVカット効果や防臭機能などの機能を持ったフィルムも増えてきているようです。フィルムの良いところは強い日差しをさえぎることができたり、それにより夏場に車内の気温が上がり過ぎないようにしたりするほか、目隠しの効果やドレスアップができる点などがあげられます。後部座席に乗せた赤ちゃんに強い日差しが当たらないようにするのも、カーテンなどでは引っ張ってしまったりして危険がありますがフィルムを用いると簡単に行うことが出来ますね

 

また、最近ではフロントガラスの上部にもこのカーフィルムが貼られていることが多くなりました。運転中にまぶしい日差しが直接目に入り込むのを緩和する効果があります。特に女性の場合は日焼けが気になりますよね。日焼けは皮膚に直接当たる紫外線だけが原因ではなく、目から入り込んだ紫外線に皮膚のメラニン細胞が反応してしまうこともあるため、室内に入り込む紫外線量をセーブすることは大切なんです。

 

またカーフィルムの種類には、紫外線をさえぎるタイプ以外にも断熱性を持ったタイプのフィルムがあります。

 

紫外線カットフィルムは前述の通り自動車を運転している時の日焼け防止と、車の内装に対する退色防止の効果があります。

 

断熱タイプのフィルムは日光に含まれている熱を吸収し、車内のエアコンの効率を飛躍的に向上させる効果があります。酷暑の影響で、お部屋の窓にも同様の断熱フィルムを貼る方も増えているようですね。レースのカーテンをつけておくだけより断熱効果が高く、エアコンの効率が良くなるということで年々需要が増えている商品です。

そしてカーフィルムは色合いによって二種類に分けられます。透明なタイプと一般的に良く使用されている深い色合いのタイプのフィルムです。どちらも効果はかわらないので、自分の好みによって自動車に貼り付けることが可能です。ただしあまりに色が濃いと検査に通らないことがありますし、それをフロントガラスにつけることも出来ませんから注意が必要です。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日