カーコーティングの効果を長持ちさせるためのコツ

by car
Categories: 車コーティング
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

カーコーティングを施工すると信じられないほどピカピカになって車が戻ってきます。
しかし、時間がたつとともに当然効果は衰えてきます。
効果が持続するものでも、3年から5年と言われているのですが、結構高いものなので少しでも長期間持続させたいものです。

効果を持続させるコツは、メーカー側がメンテナンスを勧めているのであれば、それをきちんと受けることです。
無料の場合も、有料の場合もありますが、有料の場合はコーティング剤を再施工するケースがあるのでかえってお勧めです。
有料のメンテナンスコースがある際は、保証期間内のメンテナンス費用も加えた金額をコーティング価格と考えた方がいいでしょう。

ガラスコーティング・車フィルムのカービューティーアイアイシー
http://www.pro-iic.com/

しかし、そのようなメンテナンスコースがない場合も少なくありません。
その場合、自分である程度のメンテナンスができるように、コーティング保護材やカーシャンプーをつけてくれることが多いです。
しかし、手間をかけたくないためカーコーティングをしているのですから、そのような物をもらってもあまり意味がないことが多いです。

一番効果持続に効くのは、青空駐車をやめることです。
コーティングにとって一番きついのは直射日光に含まれる紫外線です。
たとえガラスコーティングでも、少しずつコート層を侵していくのです。
そのため、できるだけ屋根付き駐車場に入れることがお勧めです。
もちろん、カーポートでも直射日光を防ぐため十分な効果が期待できます。

しかし、月極駐車場に駐車している場合、そのようなことも言っていられません。
その場合は、カバーをかけることをお勧めします。
ただし、カバーも安価なものはカバー内部が蒸し風呂のようになり、湿気が溜まります。
このことはコーティングにダメージを与える原因になるので、少し高価になりますが通気性のいいものを探すといいです。
車自体の保護にもなりますからお勧めです。

安からぬ費用が掛かるカーコーティングですから、少しでも効果は持続させたいものです。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日