クリスタルキーパー

by car
Categories: 車コーティング
Comments: Comments Off
Published on: 2012年11月21日

クリスタルキーパーは大まかに分けるとガラスコーティングの一種ともいえます。しかし使うコーティング剤に特徴があり、ガラスコーティング時に問題となっていた水によるシミ(輪ジミ)がこびりつきにくいという利点があるコーティング方法です。

 

まずクリスタルキーパーとはドイツのメーカーと日本のメーカーが共同開発した、低分子のアルコキシオリゴマーという物質にフッ素化合物を反応させたものです。無機質のガラス被膜がベースとなり、ガラスコーティングと同様の高い保護性能を持っています。またガラスコーティングと異なる点として、被膜が二重構造になる点があげられます。ガラス被膜の上に有機物であるレジン(硬化ポリウレタン樹脂)の被膜を作り、深いツヤと強い撥水性を示すのです

 

従来のガラスコーティングは完全無機質のコーティング剤であったため、水に含まれる無機物(ミネラル)と結合しやすく、水ジミを作りやすいという欠点がありました。しかしこのレジン被膜は有機物を含んでいるためガラスコーティング特有の水ジミを防ぐ機能もあり、より美しいボディを長期間維持することができます。更にボディ劣化の原因にもなる紫外線に対しても、二層構造の被膜が高いUVカット効果を示すため塗装の劣化を防ぐことができます。

 

本物のガラスコーティングは高い透明感とツヤを誇る優れたコーティング方法ですが、専門の業者に依頼するとかなり高額な加工料が必要になります。クリスタルキーパーはガラスコーティング独特のツヤと保護能力を持ちながらも、ガラスコーティングと比較すると安価で加工することができます。ちょっと今までは値段を見て躊躇していた加工でも、これならばと言って試す方も多いようです。安価と言っても本物のガラスコーティングと同様に、ツヤを出すことも出来ますしガラス粒子とレジン(樹脂)の埋め立て効果でキズも目立たなくすることが出来ます。また一年間水洗いをするだけでOKというメンテナンスの手軽さや、高い防汚効果や撥水作用は魅力です。コーティング面がつるつるになるため、洗車時に汚れが落ちやすいというメリットもありますね。

 

普段のお手入れは手軽に済ませたい、新車時のツヤや光沢をなるべく長く維持したいという方にはお勧めのコーティング方法です。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日