ポリマーコーティング

by car
Categories: 車コーティング
Comments: Comments Off
Published on: 2012年11月21日

さて、前項でもコーティングコーティングと何度も出てきましたが、その中にもさまざまな種類があります。コーティングはその塗布する材質によって呼び方が替わり、大雑把に分けるとポリマーコーティングとガラスコーティングの二種類に分けられます。

ではポリマーコーティングのポリマーってなんでしたっけ?という方も多いかもしれません。

 

そもそもポリマーというのは「高分子重合体」といいます。すごく簡単に言うと、分子量の大きな物質で車表面を保護する膜を作るのです。なのでちょっと乱暴に分けてしまうと、市販のWAX剤やコーティング剤もポリマーの仲間ですし、車表面に被膜を作ってボディを保護する働きという点ではまったく同じです。

 

しかし一般的にポリマーコーティングといえば専門店で行うもので、塗装面をカバーして撥水し、汚れを寄せ付けない加工と認識されているでしょう。コーティングが終わればボディはぴかぴかに光輝き、そして一回行えば長期にわたってメンテナンスが要らないという誤解もあるかもしれません。確かにメンテナンスの回数は減りますが、そのためには下準備としてしっかりとした磨き作業を行うお店を選びたいものです。

専門店で行うポリマーコーティングとは、使うポリマー剤によって二種類に分かれます。一般的なポリマー剤は「フッ素系ポリマー」と呼ばれ、粒子の細かいフッ素を含むコーティング剤になります。密着性が高いためボディに付いた細かい傷をカバーする効果が高く、お手入れも簡単です。車用品を扱うお店で簡単に手に入るため、やろうと思えば自分でも加工することができます。耐熱性と撥水性に優れ、通常のWAXを用いるよりメンテナンス期間を長く取ることができます。

 

ただし、密着性が高い代わりに透明感がやや弱く、ツヤや光沢を求める濃い色のボディにはやや不向きな場合もありますがこれも好みによるところでしょう。

 

もうひとつのポリマー剤は「ケイ素系ポリマー」と呼ばれます。ポリマー樹脂にケイ素を含みます。ケイ素はガラスのもととなる物質ですが、ケイ素ポリマーの場合は被膜形成する成分にケイ素以外の物質(フッ素など)を含むため、ガラスコーティングとは区別されます。比較的硬い被膜が出来るため耐久性に優れ、フッ素系に比べると光沢が出るため人気のポリマー剤です。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日