広告代理店への転職について

by car
Categories: ビジネス
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2016年5月30日

広告代理店とは広告を扱っている企業の総省になりますが、
企業では制作部門があることもありますが、下請け・制作会社などと一緒に、
広告の製作を企画したり、支持をしたりする仕事でもあります。

広告代理店にはいくつか種類があり、総合広告代理店・専門広告代理店・ハウス・エージェンシー・外資系広告代理店があります。

総合広告代理店で大手企業の場合には子会社に代理店があったりして、
グループを形成しているところもありますが、主な企業としては、
電通・博報堂・大広・読売広告社などがあります。

専門広告代理店はある特定の分野に特化しているところになり、
規模としては中小企業が多くなっていますが、大企業もあります。
主な企業としてはオプト・サイバーエージェント・セプテーニなどがあります。

ハウス・エージェンシーは広告代理店以外の親会社の宣伝活動をする事業子会社になり、
主に鉄道会社になり、JR東日本企画・京王エージェンシー・小田急エージェンシーなどがあります。

外資系の広告代理店はクライアントが外資系という場合には、
複数の広告代理店が共同でプランニング広告を考えたりすることもあります。

これらは比較的大手の広告代理店ですが、実際には大から小まで様々な規模の広告代理店が存在します。
狭き門だとあきらめずに、転職サイトなどで細目に情報をチェックすると、自分に合った会社を見つけられるかもしれません。

広告転職.com【公式】|広告業界の転職情報

では、広告代理店ではどのような仕事をするのかというと、広告メディアセールスプロモーション・マーケティング・プランニング・クリエイティブなどといったことになります。

広告メディアとしてはプランニング・メディアプランニングに分かれていますが、
テレビ・ラジオ・新聞・Web・モバイル広告などがプランニングになり、
バイイングがメディアプランニングになります。

セールスプロモーションとして企画立案・開発・実施を行います。
企画立案・実施ではパーティー・コンサート・イベント・セミナー・宣伝プロモーションなどになります。

企画開発・実施ではロビープロモーション・デジタルプロモーションといったことになります。

マーケティング・プランニングでは企画立案(マーケティング戦略)・調査(商品・市場)・各種情報収集・分析などを行います。

クリエイティブではグラフィック・テレビCM・POP・VTR・AV関連などの企画・制作に携わる業務です。

PR・パブリシティでは企画立案・制作・実施・パブリシティ活動のサポートなどといったことになります。

Comments are closed.

Welcome , today is 日曜日, 2017年11月19日