無線LANスポットが普及している理由

by car
Categories: ビジネス
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

今や街中を歩くとなんらかの無線LANスポットが発見できるような状態になっています、もちろん家庭から漏れた無線なども多く見られます、セキュリティ設定などがされていない場合はまったく無関係な人から勝手に自宅の無線LANを使われてしまう可能性があるため注意が必要です。

そんな無線LANを多くの人に共有してもらう目的でサービスされているのが公衆無線LANサービスです、公衆無線LANは無線LANを利用してのインターネット接続を提供するサービスで、ある特定の場所に無線LAN設備(http://www.poggimo.info/)を置くことでその範囲内でインターネット接続を提供します。
主に駅やカフェ、コンビニエンスストア、空港などといった施設で使えるようになっているケースがほとんどです、フリースポットやWiFiスポット、ホットスポットなどと呼ばれる場合もあります。

およそ1つのアクセスポイントから受信可能な範囲は半径約20mくらいのため、限られた場所でのサービスとなりますが、月額にしても非常に安い料金で利用できるため申し込む人は増えています、特に出張などが多いビジネスマンなどは駅や空港などを利用することが多いため需要があるようです。

今では電気通信事業者自体がそのサービスを提供するようになってきています、その理由としては急激なスマートフォンなどの普及に伴って自社の回線がパンクするのを防ぐためにできるだけ無線LANスポットを利用できるようにしているためです。

各家庭においてもできるだけ無線LANでスマートフォンなどをつないだほうが回線利用のデータ通信量を節約できるためおすすめです、その理由は現状のキャリアはほとんどデータ通信量がある一定の通信量を超えるとリミットがかかるためです、そのためにも自宅などでは無線LANを設置してキャリア回線のデータ通信量を節約したほうがいいというわけです。

ただし、自宅で自分で無線LANを設置する場合は前述したようにセキュリティの設定はしっかりと行う必要があります。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日