事務の仕事の内容について

by car
Categories: ビジネス
Tags: No Tags
Comments: Comments Off
Published on: 2014年4月17日

事務の仕事の主な概要として、主に会社を中心とするデータをパソコンで打ち込んだり、資料作成の際に会社が指定している書式でパソコンで書類を作成していく仕事です。事務の種類の中でも、一般事務と経理事務などの多彩な職種があって、経理事務に関しては会社で流れているお金などの資産や資本を帳簿に記入して、通帳の役割としてお金を管理する重要なポストです。求人情報も豊富にあることからもわかるように、事務の業務を担う人材はとても重要であることがわかります。

企画・事務系の求人一覧 | 千葉の求人は千葉キャリ
https://www.chibacari.com/career/search/j/10/

経理事務に関して、一般事務と違って会社の一般的な事務の仕事を行う事は少なくて、お金の貴重などを中心に仕事を行うので、計算や数字に強い人が経理事務としての仕事についている場合が多いです。会社の売上などに関する帳簿の役割があるので、簿記や会計などの資格を取得している人が経理事務に優先してつくことができます。

パソコンなどでの仕事以外にも会社の外部や内部と電話での対応を行ったり、来客者の対応をする仕事もあります。事務職は言わばお客様や取引先と交渉するための顔として必要な人材です。会社は営業マンと会社の内部を管理する管理職の社員がいるが、事務の仕事は、営業マンや管理職の社員などの業務におけるサポート役としても活躍しています。例えば、営業マンと取引先の人が会社内で交渉を行っているときにお茶出しを行ったり、仕事に関するサポートを行う場合もあります。

事務職は営業としての仕事は一切行わない事が特徴であるが、最近では営業事務という職種があって、直接的に会社の外に出て営業の担当者と同じように営業回りをする事はないが、電話やメールという通信手段を使って、会社の内部から営業をする仕事を行う場合があります。
事務職は一般事務や経理事務などの仕事の他に、施設内において受付係や案内係などの事務の仕事を専属で行う場合があって、施設に来られたお客様に対しての入場の受付や施設の案内などの事務の仕事を行っています。事務職は、机の上に座って仕事をするデスクワークという仕事とは限らない職種である事です。

Comments are closed.

Welcome , today is 月曜日, 2016年12月5日